勤怠管理をするには昔ながらの紙で管理するよりシステムで管理した方が便利でなおかつ使い勝手がいい。

導入して正解!人気の勤怠管理システム
導入して正解!人気の勤怠管理システム
導入して正解!人気の勤怠管理システム

勤怠管理はシステムが便利

何度か転職もして、いろいろな職場を経験した。一部上場の大企業、業界5番手ぐらいの中小企業、そのまた下請けの会社など。様々なビジネスのやり方をみてきて、それぞれいいところ悪いところなどあるが、一つ言えることはルーチンワークが効率化されているか否かということだと思う。大企業は決裁をもらうまでにいくつもの決裁をもらわなければ、案件が実行されず、予算もつかない。ただ、システム化されていて、何重もの目で厳しくチェックし、問題が発生したり、計画と実行したあとの乖離がないように運用されている。ビジネスフォームも決まっていて、請求書も発注書もテンプレートにそったものしか、ありえない。一方中小企業では社長までの決裁ルートも数人である場合が多い。その分、社長のチェック事項はたくさんとなるので、社長の業務は大変だなとつくづく思う。会社の中で大事なもの。決算書などいろいろあるが、会社に勤めるサラリーマン誰もが使うもの、それは勤怠管理するための出勤簿だ。

通常の企業の場合、経費の中に占める人件費の割合が高い。もちろん人がいて仕事がまわっていくのだ。その全社員の労務や給与や評価の元となる。勤怠の管理のシステムはほぼ全員が使うこともあり効率化されているのが、前提だ。いまだにタイムカードや紙の出勤簿を使っている企業もあるが、そこは早く勤怠管理のシステムに移行した方がいいと思う。人事が紙の表とにらめっこして、電卓を叩くなんていうのはいまの時代遅すぎるのではないか。お客様サービスのところはITの普及もあってどんどん効率化されているが、社内のこととなるとIT化が遅れている傾向が見られる。社内外で業務をシステム化し、効率化していくことが今後の企業の生き残りでは必要となってくると思う。

関連情報