新しく会社が導入したシステムにより、毎月のスタッフ全員の勤怠管理がスムーズに出来るようになった。

導入して正解!人気の勤怠管理システム
導入して正解!人気の勤怠管理システム
導入して正解!人気の勤怠管理システム

勤怠管理のために会社が導入したシステムについて。

今働いている会社では、最近新たなシステムを導入しました。スタッフの勤怠管理を行うためのものです。これまで、勤怠は全てタイムカードで管理していました。レコーダーに通して、印字されたものを毎月、手で計算して集計する。その集計作業がとてつもなく骨が折れる作業で。従業員が増えるほど、管理者はその作業に時間がかかる。その作業のために残業をせざるをえないほどでした。また、集計の終わった書類の管理も、とても大変なものでもありました。店舗数が増えるにつれて、経理部署でもこの勤怠情報を全て処理するのが容易ではなくなっていました。そこで、新たなシステムを導入することとなったのです。

新たなシステムは、QRコードをスタッフ一人一人に用意し、PCのカメラでそれを読み取り、勤怠の管理を行います。打刻のミスは仕方なしに起こりますが、訂正はこれまでよりもかなり簡単。管理者専用の画面で修正が可能で、パスワード制になっているため、各個人では書き換えが出来ません。不正も防げます。日数、勤務時間に関しても、全てデータとして出てきます。月の途中で確認しておけば、過剰な出勤や勤務実態を防ぐことも出来るので、安心できます。唯一いままだ改良が必要なのは、日付をまたぐと自動的に翌日の勤怠枠に記載されてしまうこと。それでも、これまでのことを思えば、とてつもない進化と変化。このシステムが導入されてから、勤怠の締め日に長時間にわたる残業をしなくても良くなりました。店長業務もこのおかげで大きな負担がなくなり、ほかの業務に力を注ぐことが出来ています。

このシステムを入れるには、大きな資金も必要だったと思います。それは、社長に感謝。各店で管理業務に携わるスタッフの声が生かされた瞬間。生きている声って届きますね。大きな会社で、それ以外のところでも、ぜひ、お使いいただくと良いかと思います。

関連情報