勤怠管理をする方法は、システム化を行い自動的に管理させる方法と人の手で直接管理していく方法がある。

導入して正解!人気の勤怠管理システム
導入して正解!人気の勤怠管理システム
導入して正解!人気の勤怠管理システム

勤怠管理をシステム化する目的

企業は社員の勤怠管理を管理する必要がある。しかし、企業の規模によりその管理の方法も変わってくるのである。もしも大企業で勤怠管理を手入力で行っていたらどうだろうか。大企業では数千人もの社員が何時に出社し、何時に退社し、いつどういう理由で遅刻や欠席をしたかなどを明確にしなければいけないので、管理をシステム化することが重要である。現在では、セキュリティ対策として、コンピュータや重要資料が置いてある部屋に入るためにはカードキーをかざしたり、暗証番号を入力したり、指紋認証することが必要となっている企業も多い。そういったシステムを活用し、会社に出社した時刻と退社した時刻をカードキー等で読み取った時間で自動的にコンピュータに入力されるようにすれば人の手で管理する必要はない。

では、社員数が数百人の中小企業で、予算などの都合でカードキーなどを導入できない企業もある。そういった企業は恐らくタイムカードを使用することが多いと考えられる。タイムカードは紙を機械に通すことでその時間を記録することができるので、時間を書き換えるといった不正をすることができない。そして月に一度タイムカードを管理者が回収し、ExcelやAccessといったデータベース管理ソフトに入力していくことで、勤怠管理をスムーズに行うことができるのである。

では、一番最初に説明した自動で時間を読み取りコンピュータに入力していくのと、人の手による入力ではどちらが正確なのかを考えると、コンピュータが自動で入力する方が入力間違いというミスを防いでくれると考えられる。

関連情報